もう夏日とか…

ご無沙汰していました。

実は先月12日、父が他界いたしました。
介護療養型の転院先を移したくて、色々頑張り無事転院できたのが
3月4日のことでした。
栄養をつけるために、胃ろうを選択し無事オペしたのが12日。
Dr.説明において「胃ろうの余命率は長くない。」と言われ
覚悟はしていましたが、外出をすることなく逝ってしまいました。

寝たきりの入院生活で、体力がなくなり栄養も摂れない。
免疫力が下がるので、菌に負けてしまう…
4月3日に急変の連絡を受け、駆けつけ何とか持ち越したのですが
言葉を発する体力もなくなっていて、9日頃からは無反応となっていました。

ほんと人間の命って、はかないですね。
元気そうに見えていても、いつどんな病気になるか分からない。
大事を取って入院したら、どんどん階段を転げ落ちるみたいに
悪くなっていったのです。

まあ、行きたいのは「あの世」なんて憎まれ口を叩いていた人だから
本望だったと考えることにします。

いくら後悔してももう生き返ることはないのだから…
30日には納骨の予定です。
これでやっと母のもとへ行けるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です