ご無沙汰しておりました

 前投稿はなんと桜の季節でした。
ご無沙汰している間に、もう季節は秋となってしまいました(^^ゞ
自分の事以外にも色々忙しいと、本当にあっという間に月日が
流れていきます。
そんな中でも、季節は感じていたいと思うこの頃です。

最近思うことに挨拶の重要性を痛感しています。
今さらかもしれないけど、挨拶って返してもらって始めて
コミュニケーションが取れるのです。
返事がないのは「無視」「シカト」ですよね?
こちらの気持ちをスルーされたのです。
受ける方にとって、こんなに切ない悲しいことはないと思います。
昔からあるいじめの一歩はこんな事からなんだろうなぁ~と感じています。

子供ならまだしも、社会人として働いている人が…どんな育ちをしたのやらねw
親が忙しくてかまってもらえなかったのでしょうか?
スルーする人を観察してみました。
いつも回りの言動を気にしている感じ、こちらの行動を愚痴る…
そばにいる人は、気を使っている感じです。空気を悪くしない様にね。
そんな暇があるなら、内省しろよな!と毒付きたい自分に嫌気がするけど(笑)

 まさか50歳を過ぎてこんな思いに駆られるとは思って居ませんでした。

これも日暮れが早くなり、季節が秋になったせいでしょうかね~

桜も散りましたwww

孫の誕生に伴い、雑多な用事が増えてます。
雑多と言っては申し訳ないですが…お宮参り、初節句、お食い初めetc
全て準備やら後片付けが有るのです。
そして先日は父の一周忌法要がありました。
これも孫を連れての為、二泊三日での帰省となりました。
そして来週は甥っ子の結婚式参列です。家族総出の出席の為、これまた
大移動を余儀なくされますw

プライベートなことに忙殺されながらも、年度替わりを挟み
大型案件の打診がありました。
真面目、丁寧に10年越えの実績は評価されている様です。
仕事の依頼には柔軟に対応し、こちらから提案できることはしていく…
良い結果がでれば、リピートされると確信した次第です。

昨年は、何回かお仕事をお手伝い頂いた方の仕事ぶりに「?」な
気持ちを持ちました。
当初この方は、質問魔でしたが何回か発注するうちに質問は減り
自己判断で納品されるようになったのです。
訂正し再納品を依頼すると「聞いていない」との事。
→質問されていないのですから、回答していません。
アンケート入力などは、イレギュラーなケースが多々出てきます。

クライアントへ【納品】 するには、他の作業者の方とのデータ統合が
必要です。
一匹狼の仕事ではないのです。

当然その後お付き合いはなくなりました。残念ですが…
この方は、自己管理能力に長けておられました。
在宅で自己管理するのは、とても大変な事です。
でもコミュニケーションは苦手なのかも?
だって「会話」が成り立たないのですから…

仕事以外に家庭やご近所付き合いでも、コミュニケーションは必要な
ことだと思います。
幼少期において勉強も大事だけど、人と接することで心を作っていかなくてはね~
大人になってからでは遅いのです(笑)

寒中お見舞い申し上げます

大変ご無沙汰しておりました。
娘の妊娠騒動の後は、早期出産の恐れが出てきたためひと月半程の入院
がありました。
その後、我が家での安静生活をひと月ほど送り(なんと間には引越もあったり…)
義母の三回忌の法要を経て、晴れて臨月になったので娘は自宅に戻ったのが
先月の出来事でした。
そしてクリスマスも迎え早く生まれて欲しいのに、なかなか陣痛が始まらない為
落ち着かない年末年始を過ごしたのです。

そしてついに破水が起きたのが、なんと予定日前日の1/4!
でも微弱の陣痛の為、なかなかお産にならないのです。結局予定日通り
1/5の出産となりました(笑)
来週には一か月となります。そして娘の里帰りも終わりとなる予定です。

在宅でのお仕事は調整しながら、こんな色々にも対応できるので助かりますね~
今年はもう少し、思うことをあれこれ発信していきたいと思ってます。

西日本では、ここ数日例年にない大雪に見舞われている様です。
どうか暖冬と油断せずに、毎日をお過ごしください。

また、台風です。

今年は台風の訪れが早く、梅雨明け前なのに11号とか…
こんな年は冷夏になるはず、野菜も高騰しお米の収穫も
減る事でしょう。
暑いのも困るけど、やはり夏は暑くなくっちゃw

わが家も毎年ドタバタしてますが、今年は例年になく
色々な出来事が嵐の如く、発生しております。
これも還暦を迎えた夫の “厄” なのか(笑)

防音工事の最中に父の死を迎え、あっという間の納骨。
それを待っていたかのように、娘の結婚騒ぎ(^^ゞ
御縁のあった方は、なんと九州出身の方。
まあ、実家が九州と言うわけで旅行に行ける~
と単純に喜ぶ私なんですが…

先日、両家の顔合わせを先日しました。
今年は喪中であるし、本人達の意向もあり式は上げ無いことに
なりました。
ただね、結婚って親戚が増えるわけでその決意表明が結婚式
だと思うから、お披露目会はする予定です!

その顔合わせの席で、嬉しいことが有りました。
先方の義母さんが、かいつまんだ私の昔話を聞きながら
「お母さんは、サクッと言い寄るけど大変だったでしょう~」
と言ってくださったのです。
過ぎた自分の苦労話(?)を、いろいろ話すのは性に合わないから
あまりしたくないけど、それを汲んで思いを馳せての言葉を言える人。
そんなお姑さんなら、わが娘を大切にしてくれるだろう…
そう思えたのです。

「大変」や「疲れた」ばかりを口にして、不平不満を言っていても
何の解決にもならない。
今あることを一生懸命頑張る、そしてその先には必ず報いがある。
きっと神様は見ている、裏切らない!

不安定な気候も、神様が人々に与えた試練だと思いましょうか(笑)
籠ってできることをして過ごしましょうか♪

もう夏日とか…

ご無沙汰していました。

実は先月12日、父が他界いたしました。
介護療養型の転院先を移したくて、色々頑張り無事転院できたのが
3月4日のことでした。
栄養をつけるために、胃ろうを選択し無事オペしたのが12日。
Dr.説明において「胃ろうの余命率は長くない。」と言われ
覚悟はしていましたが、外出をすることなく逝ってしまいました。

寝たきりの入院生活で、体力がなくなり栄養も摂れない。
免疫力が下がるので、菌に負けてしまう…
4月3日に急変の連絡を受け、駆けつけ何とか持ち越したのですが
言葉を発する体力もなくなっていて、9日頃からは無反応となっていました。

ほんと人間の命って、はかないですね。
元気そうに見えていても、いつどんな病気になるか分からない。
大事を取って入院したら、どんどん階段を転げ落ちるみたいに
悪くなっていったのです。

まあ、行きたいのは「あの世」なんて憎まれ口を叩いていた人だから
本望だったと考えることにします。

いくら後悔してももう生き返ることはないのだから…
30日には納骨の予定です。
これでやっと母のもとへ行けるでしょう。

はや立春も過ぎました。

11月に体調を崩した父ですが、その後どんどん老いが進み
なんと要介護「5」の認定を受けてしまいました(泣)

嚥下が出来ないから、高カロリーの点滴をして少し元気が出ました。
でもDr.からは経口食は難しいと言われ、胃ろうも視野に入れて今後
の生活を考えたのが、12月。
しかし入院前は、普通に食べていたし胃ろうしてまでの延命に疑問が
あり、ミキサー食を試して貰ったのです。

ミキサー食はリハビリの方の協力もあり、食べれました♪
この頃は、「おいしい物食べたい。おやきが欲しい。お酒を飲みたい」
と軽口も出るくらいでしたねw
そして、介護型医療病院への転院をすることになったのが先月。
しかし、転院前にインフルエンザにかかったので転院は4日ほど延期
となりました。

転院先の病院は、とても無機質な感じの病院です。
職員の方は忙しいのか、モクモクと仕事をこなしている感じで
人間相手の「愛」は感じられません。
でも動けなくなっている父を、自宅で介護することはまず無理です。
物理的にも…そして動くためのリハビリをするには、本人の努力が必要なんです。
でも悲しいかな、父は一生懸命ではないようです。

人間が人として生きるためには、「欲」が必要なんですね~
煩悩は大切です。
これがある限り、頑張れる!

現在は姉と相談して、この病院から移すことを考え中です。
良い施設が見つかると良いけど…

お疲れサイン?

何年振りかで、風邪を引き受診しました(^^ゞ

11月が終わりましたね。
私ごとですが、昨年暮れ義母が亡くなり、本当にあっという間の
一年だったと実感した次第です。
介護という、終わりの見えない生活を長年していると
自分の時間は殆どありません。
仕事を通じて、自分の時間を作っていたようなものです。
それが無くなった今年、久しぶりに「自由」を感じる事
が出来ました。

義母と変わるようにして、実父の「老い」が進み「介護」の
必要性が増してきたのです。
先月は母の命日が有ったので、お参りがてら帰省しました。
そして帰る日、父が発熱→病院→入院となり、夫と息子は
帰りましたが、私は延期し姉の手伝いをしたのです。

現在、幸い熱は下がったようですが、何せ高齢の為「嚥下」が
上手く出来ず、「絶飲食」の状態でリハビリ中です。
既に、1週間ほど寝たきりです。
リハビリでどこまで回復出来るか、今後の生活が気になります。

心配しても限がないけど、出来る事を頑張る!それしかないと
思います。
ホッとしたのか、環境の変化に追いつけず「風邪」を引いて
しまいました(泣)
今週は、納品ラッシュの週です。
こじらせない程度に、頑張りますねw

つれづれ

今月は祭日が2日かあり、連休もあるので非常に短く感じ忙しい月でした。

そして昨日は、ボリュームのある案件を納品し安堵しましたw
ボリュームのある案件をこなすには、当然メンバーさん
ひとりひとりの協力が必要です。

正しい仕様の理解とそして作業時間の確保…
簡単なようで、難しいです。
会社での勤務とは異なるため、疑問箇所が出てきた場合
それに対し、どのように解決するのか。
拘束時間が決められていないので、1日3時間程度でも
自分の時間をどのように確保するのか。

これって仕事以外の、普通の生活でも大切なことのように思えます。
色々な場面で疑問が生じた時、どのようにしてますか?
自分の時間を作って、買い物したり読書もするでしょ(笑)

私は「時間がない」という言葉が嫌いです。
太陽と時間は、人々に平等にあてが得られていると信じているから。
それをどのように使うかは、各々の問題です。
キャパシティオーバーなら、その原因を考え対策を考えれば
良いだけだと思うのです。

ひと段落したので、昨日の夕食はちょっと豪華目のお刺身を頂きました。
本当はケーキも欲しかったけど、我慢(?)してスーパーで見かけた
好物の「ゆべし」をお口直しに(^。^)y-.。o○

これで明日からもまた頑張れます♪

こんな夏休みでした。

今年は、5年に一度の中学校同窓会がある年でした。
なので私の夏休みは、8/22~と遅めとなりました。

同窓会が終わっても、そのまま帰省してゆっくりとした時間を
過ごせました。
子育てがひと段落した友と過ごす時間は、中学時代に戻ったようで
とても楽しいひと時です。
それもお酒を供に、時間を気にする必要のない年令ですし(笑)

それ以外の時間も、有意義でした。
頂いた長野パープルを使って、ジャムを作ったり
IMG_1543

IMG_1552
実家のホームベーカリーでパンやピザ・ケーキを焼いたり
日帰り温泉に出かけたり…
非日常の濃い1週間でした。

勿論、現在要介護となった実父の病院への付き添いもしました。
これから介護の度合いが益々重くなるだろう父だけど、在宅だから
何とか時間を作って姉の手助けもできると思います。
主婦って自分の時間がなかなか持てないけど、でも子どもは
成長して手がかからなくなるものです。
そして、子どもが手を離れると今度は親の介護が必要になったり…
でもね、そんな大人の親の姿を見て子どもは成長して行くから
一生懸命頑張るしかないのです。

あとあと後悔しないために、自戒の念を込めて記しておきますw

知らぬ間に(^^ゞ

投稿する時間もないまま、夏本番を迎えています。
でも今年は蝉の声も、「鬱陶しい」ほどではない感じがw
夜には風が吹き、蝉も静かです。

歳とともに、朝早く目覚め鳥の声がして日の出とともに
蝉が鳴き始めることを知りました(笑)
そんな自然を感じられるのも、在宅しているからでしょうか♪

今年はすごく波を感じています。
案件の打診が次々と来ています。
なので、お盆返上で対処する予定です。
でもメンバーさんには、適宜お休みをとって貰っています。

各々の時間で仕事を出来るのは、在宅の最大の魅力ですね…
最近は女性の社会進出を、会社勤めすることだけに位置づけ
子どもを預ける機関を充実させることにより、在宅ワーカーが
減ってきたのでしょうか?
仕事量の割に、ワーカーが居ません(泣)
人集めに苦労しています(^^ゞ

子どもが母親を追い求めているうちは、一緒にいてあげるべきでは?
子どもを犠牲にした「ツケ」はやがて回ってくると思います。
「母性本能」にキャリアは勝るのでしょうか?
せめて小学校の低学年、幼稚園くらいまでは一緒に過ごせる環境を
整える方が、心の成長にも役立ちよりよい社会が構築されると思います。
そう明るい未来ができ、夢を持てると思います。
私が20歳くらいまでは、母親も働いていました。
でも祖父母が居たので、寂しいと感じた時はなかったです。
まして田舎の公務員だから、母も6時には帰宅していましたし…

経済優先より、「安心・安全」な暮らしを望みます。
高齢化社会だから、40歳からでも会社勤めOKでしょ(笑)
それまでは在宅で、自分磨きをして下さい。
これがほんとの「女子力磨き」です。

外見だけの美しさは、所詮はりぼてなのだから…